カテゴリー「東洋占い」の1件の記事

2019年1月 4日 (金)

2019年からの時代を占う(1)

今年は(2+0+1+9=12、1+2=)3の年だから、3の影響で様々なものが変化し、人の気持ちも変化を求め、変化したくない人にも強制的に変化が訪れる年となるけど、前年の2018年は11(奇数)だから変化の多かった年で、その流れで変化が起こるなら大きなハプニングにはならないでしょう。

偶数は変化を拒むから前年が2の年なら変化しなければならないものまで変化を拒み、次の3の年に強制的に変えられ、それは破壊を伴う大変化になることもあるから大凶の年だと感じる人が多くなるけど、前年が11だと変化の流れができるので、改革など様々な変化がスムーズに進む傾向にあります。

それでも変化に抵抗する人はいるから人によっては破壊を伴う変化となり、世の中の流れに抵抗したものの結果的に世の中の流れに破壊されるような年になるのかもしれません。


でも、今年の変化は変化の方向を間違えると今後後悔することになります。

9の人類愛
http://ssry.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-10da.html

で、2000年から2の影響が強い時代になったと書いたけど、2010年以降、1の特徴が世の中に復活したから空間型の属性の特徴が世の中に戻ってきていて、2018年は8の影響で空間型の属性の特徴がさらに世の中に戻り、「インスタ映え」が流行り、ブログを書くたびにアイキャッチ画像を記事のトップに置くことが推奨されるようにもなったようです。見た目を重視するのが空間型の特徴だからね。

いろんな方面で90年代がリバイバルしてるようですが、2019年も9の影響でこの特徴は続きます。

でも、2020年からはまた空間型の特徴は引っ込み、2の特徴はさらに強くなって行くので、リバイバルしてる90年代を基準に2020年以降の対策をすると、2000年以降、調子が狂った人のようになってしまいます。

なので、今年は3の変化の影響で90年代のリバイバルがさらに進むけど、今年限りと考えた方がいいです。2は物質面に関しては庶民的な数字です。

数秘術的にも、干支を使用した東洋占い的にも、長い間空間型の属性が有利な時代が続きましたが、2010年以降、それは終わっています。

東洋占いに関しては別館に書いてあるので参考にしてください。

2010年からの時代を占う
http://www.fortune-net.jp/orient/kaisetsu1.html
東洋占い
http://www.fortune-net.jp/orient/

-- 追記 --

冥王星の影響を書き忘れていたので、2019年からの時代を占う(2)に続きます。