カテゴリー「占い」の2件の記事

2018年7月 7日 (土)

七政四余という占い

昔、「七政四余」という占いがありました。でも当たり過ぎるため唐の時代に禁止され、今ある様々な占いに分解してしまったんだそうです。

つまり、数秘術や占星術、四柱推命、宿曜、紫微斗数など、昔からある占いは1つの占いだったわけで、それぞれ違うものを占っていたわけです。

なので、どの占いが一番当たるのか?ではなく、その占いは「人の何を占っているのか?」が問題になるわけで、性格占いだったら、「性格のどの部分を占っているのか?」が問題になるわけです。

数秘術の研究をしていて思うのは、数秘術ではわかるのは人の能力だということです。性格占いはその人の基本的な能力を知る占いで、日・月・年の数字も、その人の能力だと思うのです。運勢占いは、その運勢のとき、その人に宿る能力です。

その能力をいつ、どんなふうに使えるのか?がわかるのは西洋占星術や四柱推命なんだと思います。いくら能力があっても機会に恵まれなければ発揮できず、無い袖は振れないので、機会があっても能力がなければ発揮できない。七政四余は、そういった人の全てがわかってしまうから禁止されたのでしょう。

でもインターネットの時代になったことで情報が統合され、様々なジャンルでバラバラだったものが1つに纏まる方向にあります。私は全ての占いに詳しいわけではないので私には統合は無理ですが、いつか占いジャンルでも統合の日が来るのかもしれません。

ちなみに、「七政」とは、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星の七つの天体のことで、「四余」とは、月の遠近点および白道(月の軌道)と黄道(太陽の軌道)の南北交点だそうです。

昔は太陽系の天体は土星までしか知られていなかったので、天王星、海王星、冥王星は七政四余に含まれていませんでした。

なので、今の時代に七政四余を復活させても全てを占うことはできず、新たな追加が必要となります。そういう研究もインターネットの時代なったことで可能なのかもしれませんね。

2018年6月27日 (水)

移転・復活しました

PC版の Sephirotoカバラ数秘 がスマホ対応して復活しました。

無料占いSephiroto~カバラ数秘術~
旧 http://homepage2.nifty.com/ssry/u/

その他のカテゴリー