« 2018年8月 | トップページ

2018年9月の2件の記事

2018年9月 6日 (木)

9の人類愛

「計算前の数字の意味」のページを作成しました。
http://www.ainsophaur.jp/kouza/calcu-before1.html


--- 引用 ---

計算前の数字や計算の途中に出現する数字の影響力は弱いですが、その数字があることでその数字の特徴をそれなりに持ち、その数字を持つ人の気持ちもなんとなくわかり、逆に、欠けた数字のことはよくわからず、ピンとこなかったりします。

でも、9は全てを包括している数字なので、1900~1999年に生まれた人は全員9の特徴を持ち、全ての数字の特徴を何となくわかることになります。

これは2000年を過ぎ、何年も経った今だからはっきりわかることで、年の数字はその年の世の中にも影響を与えますが、2000年以降、世の中の特徴から9の特徴である人類愛や包容力が消滅し、逆に、2の特徴である依存心が目立つようになっています。

--- 引用終わり ---

9は全ての要素を受け入れるから、9の要素のある時代は様々な個性があっても共存できて、それが価値観の多様化としてあらわれたのかもしれない?

まだ1999年までに生まれた人が多いから9の特徴は世の中に残るだろうけど、2000年以降、なんだか世の中は冷たくなってきて、9の人類愛が消滅して行っているのは事実でしょう。

2も平和を愛する数字だけど、根本的に1や9とは違うから、今は時代の変わり目のため様々な問題が発生しているのかもしれません。

2018年9月 2日 (日)

一番歌が上手い数字は?

LDHのボーカル、EXILEのATSUSHI、GENERATIONSの数原龍友、THE RAMPAGEの川村壱馬は誕生数7で、この3人の歌声を聞くと上手いなあと思うんだけど、一番歌が上手いのはやっぱ感情型を代表する7なのかなあ。

7と比べると、6はパンチが弱くて、2は技術がイマイチな傾向?
モノマネ番組を見ると、7の人は、ちょっとした些細な部分まで上手く真似る傾向にあったから、やっは7なのかなあと。

とは言っても、感情型の数字を持たない人にはみんな同じに聞こえてしまうようで、モノマネ番組を見てると、感情型の数字を持ってる人と持たない人の境界線がわかったりします。

そんなに似てなくても「似てる!」って反応をされる傾向があって、今田耕司(誕生数11)とか感情型の数字の人は、「?」って顔しながら周囲に合わせて「似てますねえ」と言ったりしてるから、やっぱそう感じるのかと思いながら番組を見てるわけです。

コロッケ(誕生数11)は見た目でも楽しませるタイプだけど、歌が似てるだけじゃダメなんだと言ってたそうで、音に鈍感な人の存在をよくわかってたのでしょう。


で、LDHですが、三代目JSoulBrothersのボーカルオーディションをTVで放送してたときリアルタイムで見てたんだけど、ダントツに一番上手かったのは数原龍友(誕生数7)だったから、登坂(誕生数4)と今市(誕生数8)が選ばれたとき、顔で選んだなと誰もが思ったはず。

まあ数原は当時まだ17歳だったから年齢も関係あったんでしょうが。片寄涼太(誕生数6)もいたけど16歳だったし。

その後、数原と片寄はGENERATIONSのボーカルとしてデビューしたけど、三代目よりGENERATIONSの方が歌は上手いわけで、三代目の方が人気あるけど、歌重視の人はGENERATIONSの方が好みな様子。


THE RAMPAGEの川村壱馬(誕生数7)もオーディションの時から別格で、彼を見ていて思ったのは、誕生数が感情型の数字の人は、無理しなくても声が出る傾向にあるということ。

苦しそうな顔をして歌う人は苦しいから顔を上に上げたりするわけだけど、オーディションのとき彼もそうして歌っていたら、君はそんなことしなくても声が出るはずと言われ、言われた通りに声を出すことができて、誕生数が感情型の数字の人は体質が違うのか呼吸法が違うのか、上手く声が出るから歌が上手い特徴があるようです。

ジャニーズだとNEWSの手越(誕生数11)はかなり歌が上手くて、上手くなるため個人的にレッスンを受けてたそうだけど、レッスンを受ければ誰でもああなれるわけじゃなくて、感情型の数字を持っていても誕生数でなければ、音を聞き分けることはできてもそれを自分の声で表現することはできず限界があるのです。

誕生数5や誕生数1も上手い方だけど、感情型の数字を誕生数に持つ人にはかなわない。

ちなみに、思考型は技術でカバー、空間型は声量とかパワーでカバーするタイプで、松田聖子(誕生数4)の独特な歌い方はまさに技術でしょう。

« 2018年8月 | トップページ